店が土地を有効活用して集客に繋げていく

店が土地を有効活用して集客に繋げていく 百貨店が店舗の側に広大な土地を所有していたときには、有効活用することで消費者を集めることを図れます。
土地をどのようにして有効活用するのかというと、バスステーションを作るというものです。
百貨店の前に大規模な土地をバスターミナルを整備することで、たくさんのバスを乗り入れさせることができます。
また様々な路線のバスを受け入れることで、多くの地域から利用者を集めていくことが可能となります。
つまり百貨店はバス事業者に乗り場を提供することで、色々な場所からお客を連れてきてもらうという形を採るのです。
バス会社は百貨店にダイレクトに乗り入れできたら、集客を期待することができます。
また高速バスも乗り入れさせたら、遠くの地域からの利用者の呼び込みが実現します。
また利用者はバスを使うことで、運転をすることなく百貨店に出掛けていくことができます。
百貨店がバス乗り場のすぐ側にあることで、店内までの移動をスムーズに行えます。
百貨店が広い面積の土地を持っていたときには、使い方次第によって集客をすることができるのです。
有効活用することができれば、経営をする上で長所となる存在に変えて利点を生じさせることができたりするのです。

土地を売却する準備をするデメリット

不動産の中でも維持費のかかるのが、建物(ウワモノ)の無い、まっさらな土地でしょう。
毎年の固定資産税はまっさらな土地の場合、減価償却が無いので、常に資産価値の高い不動産として、固定資産税を支払わなければいけません。
土地を売却しようとする時に、一番やってはいけないことが、自分の年齢が年金対象である場合の土地のウワモノの撤去です。
建物が建っている限り、20年以上経年劣化した建物不動産にかかる、固定資産税は極わずかです。
これは相続税にも当てはまるので、もしご自分の所有する土地を、お子さん達に相続させても良いと考えている場合、 更地にして売却して現金で相続させるよりも、古い建築物がある状態で譲渡や相続をさせた方が、その後に現金化はできますし、納税する金額が10分の1以下で済むのです。
高く売却するなら更地にしなければいけませんが、それで得た現金の半分以上を自分の人生に使わないのであれば、後世に残すお金を得る目的での売却なら更地にしてはいけませんし、現金化するのも得策ではありません。
不動産を所有している場合は、建物の資産価値にとらわれず、また現金化にばかり思考を持っていかないで、無価値の不動産を無価値ゆえに譲渡、相続できるメリットを考慮しつつ、不動産の運用をする必要があるでしょう。

土地のことならコチラのリンクへ

東京23区の土地情報が満載な土地探しサイト

土地 東京